将来に繋がる社員研修を実施するために押さえておきたいことは?


社員の役職や能力に応じて研修のテーマを選択しよう

社員研修は、仕事に対する意識を高めたり、業務上で必要な能力を身につけたりするうえで重要な機会となっています。そうした中、将来に繋がる社員研修を実施するには、人事担当者が一人ひとりの社員の役職や能力を考慮して、適切な研修のテーマを選択することが重要となります。特に、専門性の高い職種に就いている社員を対象とした研修を行う際には、業務に直結する内容を学ばせるため、研修のプログラムやカリキュラムなどを時間を掛けて考えることが大切です。また、必要に応じてライバル企業の社員研修の事情を調べたり、各業界で高い評価を受けている人材コンサルティング会社などに助言を求めたりすることで、より効果的な研修を企画することが可能です。

外部講師による研修を上手く取り入れよう

自社内で社員研修を担当する講師を決めることが難しい場合には、研修のテーマに合う外部講師を検討するのも良いでしょう。また、研修中に社員を飽きさせないようにするために、経営やビジネス、メンタルヘルスなど各分野に精通した講師を依頼することで、最後まで意義のある研修を行うことができます。最近では、社員研修に適した講師を斡旋してくれる専門の業者の数も増えており、効率よく外部講師を探したい場合には、早い時期に各業者に登録している講師の顔触れや派遣費用などを調べてみると良いでしょう。なお、講師によって社員研修の指導の方法が大きく異なるため、事前に業者を挟んで担当の講師と念入りに打ち合わせをすることも肝心です。

管理職研修は、会社内の責任のある立場として必要な全般的なスキルをマスターできるだけでなく、個々の社員のキャリアアップのためにも良い機会となっています。