適性検査を導入して良い新入社員を集めるコツ


適性検査を行う必要性

新しく職員を雇ったけど長く続かない、会社のどの部署で働かせると力を発揮できるのかが分からないというような悩みを持つことがあります。これらの悩みを解決するための方法の一つとして、採用試験の際に適性検査を行っておくということがあります。適性検査を行えば会社に必要な人材を集めやすくなります。ただし、そのためには適性検査の仕組みを知り、会社に合うものを選ぶ必要があります。そこで適性検査の仕組みと選び方についてまとめます。

適性検査の仕組みと注意点

適性検査はそれぞれ性格理論を踏まえて作られています。例えば人に対する優しさと厳しさ、外向的か内向的かというような視点から人の性格を捉えようというものです。従って、一つの適性検査で捉えることのできる性格は全体のうちの一部分になります。例えば福祉分野の仕事で、対人関係を調べようとする場合は対人関係を測定する検査が好ましいです。そのため検査の中身を知ることが大切です。

適性検査の種類と特徴

適性検査を導入する際、どのような形式の検査を用いるかということも重要です。適性検査は、主に3種類に分かれており、まず1つ目は面接官による面接形式のものです。これは質問の答えを聞きながらさらに知りたい情報も集めることができるというメリットがある一方、一人に対する時間が長くかかると言うデメリットがあります。従って最終試験など、人数が限られているときに効果的です。また多くの人に一度に取りたいという場合にはアンケート式の検査があります。これは10分程度で一斉に100名程度でも実施できます。アンケート式であるため得られる情報が限られることと嘘の回答を行う場合があるというデメリットはありますが、回答や検査結果の比較が可能です。

適性検査は、企業が欲している人材を見極めるためのテストです。性格の面や、仕事をするうえで必要な知識や能力を備えているかをチェックします。