自分の力を試してみたい!?自営業はどうやって始めればいいのか?


会社を辞めて自営業へ進む人も少なくない

何も景気の良し悪しだけではなく、今の時代にはサイドビジネスというものを始める方も増えています。たとえば、会社に勤めていて休日などを利用して何か仕事をするという方法です。アメリカなどでは週末起業と呼ばれ、もうかなり前からこういう働き方が一般的となっています。ここ日本でも最近は二足の草鞋を履く人も多くなりました。そして、本業よりもサイドビジネスの方が軌道に乗れば、こちらを本業に乗り換えるというケースも多いです。現代はパソコン一台、あるいはスマートフォン一台あれば始められる仕事が沢山あります。

自営業を始める前に用意しておきたいものとは何か

会社を退社して自営業を始めようという時は、やはり家族の理解が必要になるでしょう。独り者ならば何の問題もありませんが、家族があれば自分だけの意見で会社を辞めるわけにはいきません。会社を辞めてしまえば収入は止まります。新しく自営業として仕事を始め、その仕事で十分に生活していくことができるようになるまでの間は無収入の状態が続くわけです。これは不安でしょう。ですからそれまでの生活費は予め用意することが必要です。

自営業を始めるにはそのリスクを考えることも大事

自営業を始めるときには、最初に何をするのかを決めなくてはなりません。ここで考えておかなければならないことは、小資本で始められる仕事、そして利益率が高い仕事、ということになります。何分にも自分一人で始める仕事ですから、リスクというものを大前提にして選ぶ必要があるでしょう。事務的な手続きとしては開業届けを出すことも忘れてはいけません。この届を出した時点で個人事業主となります。開業届けを出して個人事業主になると、いよいよビジネスのスタートです。

フランチャイズとは、本部と加盟店が交わす契約形態の事を指します。本部は商標、商品、ノウハウ、技術サポート・研修などを加盟店へ提供し、加盟店はその対価として本部へロイヤリティを支払う仕組みです。