引っ越しの荷造りや片づけをスムーズに行うためのコツ


荷造りや片づけは遅くても2週間前には始めよう

引っ越しをするためには業者の選定や現在住んでいる大家さんへの引っ越しの連絡、電気やガス、水道などの手続きなど、さまざまな作業があります。最も時間がかかり、なおかつ億劫となるのが荷造りや片づけではないでしょうか、最近は荷造りから全て業者に任せるというサービスもありますが、当然割高となります。新生活をする際にはいろいろとお金が必要なので、荷造りや片づけは自分の手で済ませてしまいましょう。

荷造りや片づけは毎日の生活をこなしながらおこないます。そのため、あまりに遅すぎると引っ越し当日までに間に合わないという事にもなりかねないので、遅くとも2週間前には荷造りや片づけを始めておきましょう。賃貸の解約予告期間は1か月前となっていることが多いですし、ちょうど荷造り用の段ボールなどもその時期に届くので片づけを始める時期としてはもっともふさわしいです。

まずは普段使わないものから片づける

引っ越し2週間前から片づけを始める、といっても何も考えずに手当たり次第に片づけてはいけません。片づけた荷物がもし引っ越し当日までに使うものだった場合、せっかく梱包した荷物をまた全部出して使うものを取り出さなければいけなくなります。荷造りを始めるための順序としては、まずは引っ越し当日まで一切使わないものから片づけるようにしましょう。引っ越し当日まで一切使わないものが入っている可能性が高いのが押し入れです。特に、スキー用品や水着などといった限られた季節にしか使わないものは、真っ先に梱包していきましょう。

不要となった物品を回収してリサイクル又は転売を行うために不用品の回収を行います。高価な部品などは分解して部品取りなどをする事もあります。